старт / пресса
Facebook Logo

пресса

[アルゼンチン]「クマ連合」でも琉球國祭り太鼓 活躍

世界の母子福祉に貢献

 【崎原朝一通信員】ユナイテッド・バディ・ベア(クマの仲間連合)と呼ばれるイベントが4日、ブエノスアイレス市内にあるサンマルティン公園で催され、琉球國祭り太鼓グループも協力、参加した。

 ドイツの企業家が始めた取り組み。世界の母子福祉のために活動するユニセフが中心となり、「愛、平和、結束」をモットーに、各国の芸術家たちが装飾した2メートルの模型のクマ140体を展示し、主要都市を回っている。

 アルゼンチンのクマは、タンゴをモチーフに伝説的な歌手ガルデルのほか、市の象徴のオベリスクを描いている。日本のクマは白地に草書体の和歌、右手に日の丸、背部は濃紺で波立つ水の流れを表している。2004年に香港、05年に東京などを回った。今回はブエノスアイレス市とベルリン市友好協定15周年祝いの一環として、市政府が主催。民族舞踊や音楽も紹介され、琉球國祭り太鼓とドイツ系若者グループが実演した。

 
 

© 2021 Buddy Bär Berlin GmbH
Eine Initiative von Eva und Dr. Klaus Herlitz

Privacy notice
Imprint